消泡剤って何?実は身近な存在の使われ方と体への影響

Square

消泡剤についてとその用途

消泡剤は、泡の発生を防ぐことを目的とした添加物です。あまり知られていませんが、この添加物は様々な製品を作る場合に多用されています。特に、粘性が強い液体を固める過程で気泡が発生しやすいため、使用されることが多いようです。例えば、コンクリート用の消泡剤は、コンクリートを作る際に水に混ぜて使用することで、気泡を防いで強度を上げることができます。そのため、単に見た目がきれいというだけでなく、建築物の品質にも関係するため、消泡剤の存在は欠かせません。

また、消泡剤は食品を作る場合にも利用されています。一例として挙げられるのが、豆腐の製造です。豆腐を作る過程では、原料となる大豆をすりつぶして煮る作業の際に大量の泡が出ます。この泡を取らずに豆腐を作ってしまうと、固める段階で気泡ができて、滑らかでのどごしの良い製品ができません。泡を取るには手作業で泡をすくって布でこすか、専用の機械を必要としますが、消泡剤を使うと人手もコストも削減できるため、多くの製品で使用されているようです。

消泡剤の原料と体への影響

建造物など身近な製品に消泡剤が使われることで製品の質が向上したり、見た目が美しくなるのはうれしいことですが、直接体に取り入れるものに添加物が使われることについて、どう考えればよいでしょうか。まず、消泡剤の原料は、植物性の油脂や、体の中にも存在するケイ素などを主成分とするシリコン樹脂、グリセリンとパーム油などの植物油脂を合わせたグリセリン脂肪エステルです。そして、消泡剤は製造過程でほとんどが消失してしまうため、過度に気にする必要はないと言えるようです。

消泡剤の添加は、金属の表面を滑らかにするリン酸処理において、必須の工程です。リン酸処理を施す際にこの工程を踏まなければ、金属の表面に気泡が発生してしまいます。