CAD導入のメリットとは?導入の際のポイントも解説します!

Square

CADを導入するメリット

CADは、今や製図に欠かせないツールとなりましたが、導入することで様々なメリットが得られます。まず挙げられるメリットは、熟練の技術がなくても図面を作成できることです。見やすい図面を作成するためには線の太さを使い分ける必要があるため、手書きで図面を作成するには一定の太さで線を引く技術が求められますが、CADであれば線の使い分けが容易です。加えて、ミスをしても簡単に修正できますし、既存の図面を流用することも可能なので、製図の手間や時間が大幅に削減されます。さらに、CADで作成された図面はデータとして保存されるので、図面の管理や共有が容易というメリットもあります。

CAD導入のポイントについて

上記のように様々なメリットがあるCADですが、導入する際は搭載機能や操作性を十分に確認しておきましょう。一口にCADと言っても、現在では様々なメーカーから多種多様なソフトが提供されており、搭載されている機能や操作性は大きく異なります。搭載機能や操作性は作業効率を左右する重要な要素となるので、業種や従業員のスキルに合ったCADを選択することが大切です。

また、CADを導入する際はPCのスペックにも注意が必要です。特に、3DCADはハイスペックなPCでなければ作業効率が大幅に下がってしまうケースが多いので、導入するCADの選定を進める際は動作環境についても確認しておきましょう。加えて、取引先などの外部とデータ共有をする可能性がある場合は、他のCADソフトとの互換性にも注目することが大切です。

電気設計を行うときは、電気CADを使うととても効率よく進めることが出来ます。配電盤や操作盤などを簡単に配置でき、専用部品の挿入も出来ます。